8月度FX反省会

2020 年 9 月 12 日21:04:48 by amano

■8月3週

しばらく大きく値動きしないのかなと15分・30分足ベースでデイトレ。今までトレードするたびにチャートの振り返りをしていたのもあってだいぶ流れが分かるようになったので、おおよそ思惑通りになってくれている状態。値下がり傾向なのでショート重視して、値下がりに合わせてロング増し増ししてスワップポイントをちまちまと稼ぎつつ来週以降の値上がりを待つ状態。

■8月4週

月曜夜の値動きからだいぶ値上がってくると感じ予想通りに上がり続けてくれたので、火曜日夜に目指していた106.5はちょっと届かなそうな感じがあり106.42円で一旦利確。

損切り処理を自動化してもいいんじゃないかとこれまでの経験的に-15pipsを指定して決済注文同時発注を設定するようにしてみてから、30分足のゴールデンクロスが来ているし値動き的にはロングだと判断して昼にエントリーした後、上がるのか上がらないのかはっきりしない動きが続き、5分足で値下がり傾向が出てきたところで上がらずこのまま値下がりしてしまうの?と早めにドテン売りしたら損切りラインまであっさり値上がりして自動損切り、夕方に急騰したときにやっぱり上だったかと追いかけてロングエントリーするとあっという間に下がって損切りになり、基本-15pipsで大丈夫そうだけど瞬間的なスパイクが現れたときはヤバイと思い、決済注文同時発注は基本は止めることに。その夜、ドル円が大きく動いてくれたおかげで失敗分は取り返せたところで満足。

最終日の金曜日はエントリーポイントが現れるのを待って昼過ぎにショートエントリーしてじわじわと値下がりの行方を見ていると、急落して、たまたま有効にしていた決済注文同時発注の指値指定に刺さって50pipsの利益。この時あまりにも一瞬の出来事で建玉リストから建玉が消え去り、決済注文のことも忘れてたので一体何が起きて消えたのかちょっと混乱してしまった。その後もずっと値下がりしていたので自動の決済注文入れてなかったら150pipsはいけていたと思うので惜しいと思いつつも欲張っては失敗するから特にエントリーしなおしたりもせずに現状に満足することで良しと考えて終了。

■9月1週

今までの経験的に5分足、15分足、30分足のいずれかの5MA/25MAのクロスを確認してからエントリーすると決めてそれに従っていたところ、元々クロスを確認してからのエントリーでは遅いとは思っていたが最近それで問題ないことが多かったのもあり気にしないでいたら、エントリー直後に反対方向にトレンド変わったり(そして損切り)、一方でトレンド変わったのを見逃さずにエントリーして損切り分を取り返したりと一進一退しつつもなんとかプラス。

また、ドル円の値動きが緩やかになって狭いレンジを行ったり来たりすることが見られるようになって、エントリーしたものの目標pips(損切りは基本-15pipsとしてるので利確は最低でも15pips以上と考えてる)に行かずに建値まで往復してきて建値決済で損益なしを繰り返したので今日は大きい値動きなしかなと諦めてノーポジに決めると大きく動き出したりしてなかなか惜しいことをしたが、損失を出さない観点からは失敗ではないと考える。

最低目標の15pips行かずに建値決済の悲しみの図

■9月2週

思ったほど値動きがなかったので移動平均線のクロスを頼りにしているとうまくトレードできず、狭い値幅の中でエントリーすると目標まで行かずに値が戻ってきて反対方向に向かい、成り行き時に自動決済注文してある逆指値に引っかかり損切りになることが続くので、戦略変えてスイング気味にトレードするとこに。そんなわけで久しぶりのマイナスで次週に向けてロング保持中。

■今月のまとめ

  • 最初に判断したことは後から思い直して修正したことより正しいことがよくある
    • MAのクロスでエントリーしたのだから、早い段階で思った方向に進みそうにないなと後から感じても次のMAクロスまでは判断待った方が良さげ。
    • エントリー後に迷いと焦りがあると失敗しやすい。
  • エントリー後に損切りラインを建値まで移動させていると、レンジ相場だと目標pipsまで行かずに戻ってきて建値決済で利益にならない
    • 損切り-15pips、利確15~50pipsで考えてるので、レンジが狭いと特にうまくいかない
  • 成り行き注文の時の決済注文同時発注は便利だが、15pipsの逆指値はスパイクに弱い(あまりないけど)
    • 二回やらかしたのは反省点。
    • ちなみに指値50pips、逆指値15pipsにしている。
  • 1分足、5分足、30分足、2時間足を同時表示
    • 1分×5=5分足、5分×5=30分足、30分×5=2時間足、と、1分足からおよそ5倍単位ずつ。
    • TradingViewは無料会員で複数チャートの同時表示ができないので、SBI FXアプリでは戻れない過去とか、一画面の表示範囲を広く取りたい時くらいしか使わなくなりつつある。あとは、使っているのは通知機能か。

■今出来上がっているルール

  • 基本MAクロスのタイミングでのみエントリー
    • クロスしていないタイミングでのエントリーはより長期の足を見てから順張りして大丈夫そうと判断したとき。
      • このときは損失を覚悟する。エントリーした直後にトレンド変わるかもしれないし。
  • レンジ相場のときは移動平均線があまり頼れないので感覚で安いな高いなを判断してエントリー
  • 1分足見てエントリーするときは、5分足30分足も合わせて見て、順張り。
    • 短期足は動きが速いので長持ちせず0〜3pips程度でさっさとクローズ
      • 長持ちするなら15分30分足を基準にする
    • 1分足が5分足のトレンドと逆方向に向かっているときはだだの押し目になるかもしれないしと手を出さない
  • デイトレでエントリーするときは、5分足でMAクロスがあってから順張り。
    • 15分、30分足も見て方向性を確認しておくと確度が高い
  • 最初の損切りラインは建値の-15pips。しばらくして想定通りの方向に進んでプラスになっていたら逆指値を建値に変更して、見ていないうちに動きが反転したときに損失0になるようにしておく。

7月度FX反省会

2020 年 8 月 16 日09:29:33 by amano

■7月3週

スイングトレードチャレンジということで感覚を掴むためにとりあえずは長期間ポジションを保持してみるところからスタート。ついでに証拠金も増やす。

ロスカットの判断基準はどのくらいが適当かとかどうするといいのか方針が定まらないので、あまり移動平均線のクロスは意識せず最近の高値安値を意識してこの値段なら買い(売り)を判断にエントリーして、(1)ロングは数日中には戻ってきそうな値のものは値下がりしてもスワップポイント収入があるので当分は持ち続ける、(2)両建てでショートも併用、(3)ここ最近の底値に近いと思ったら買い増しする(ナンピンする)、くらいのスタンスでいて、まだ値上がりするの?とロングすると直近の高値近くになって値下がりし、ここで底値だろうから買い増しとすると値上がってと、同じパターンを2回繰り返してしまい、スイングトレードの判断力はまだまだだなと思う次第。

証拠金増やしたのもあってトレードの仕方にバラエティが出せるようになって負けない取引がしやすくなったような気がする。

■7月4週

先週末の値下がりでロング失敗したかと思いつつもロスカットするレベルまで下がっていないから辛抱して待ったところ、最初の期待通りに上がってくれたので(ゴトー日だから説)、スワップポイント用で持っていたロングも決済してしまい一旦利益確定。
その後も似た感じでロングでエントリーしていったものの週後半からどんどんドル円が下がっていって、ショートで細かく利益を取りつつ数日もしたらまた107円まで戻ってくると思うけど…とロングの損切りはしないで翌週へ。

■7月5週
たまにショートでエントリーして利益を取りつつ、スイングトレードのセオリーみたいなのはよく分からないからとりあえずは自分の思う通りにやってみようと損切りなしで値下がり具合を見て適度に追加ロングしていって、週末かつ月末の金曜日に104.5円ロング追加したところからなんか急騰してあっという間に106円に肉薄してきたので、来週の値上がりに期待して終了。

■8月1週
ここまで買い増ししてきた分は107円目指してもらう分として、チャート見て待つだけではつまらないのもあり、証拠金増やしてできた余力の分で細かい上がり下がりを使い短期トレードでちょこちょこ稼がせてもらいつつこの週は終了。

■8月2週
107円目指していたもののまぁ思惑通りに行くとはかぎらないしと、持っているポジションは一旦利益になっているうちに全て利確させてしまうが、なんだかんだで107円行きそうな流れなので同じ量のロングで再エントリーしていき、想定通りに上がり調子で結構な利益になってくれた。
最終日107円越えるかなと思ったが上がらなさそうなので、107円のロングは早々に損切りしたあとショートエントリーして損切り分を取り戻して今週はおしまい。

■今月のまとめ

  • 7月に107円ロングでエントリー後にドル安に向かって行った時はスイングでの損切りラインはまだよく分からないしまぁすぐに戻ってくると判断して損切りはしなかったけど、今回はたまたま予想通りに戻ってきたとはいえ安値安定になってしまい107円に戻らない可能を考えると損切りは必要と思う
  • 今月くらい値動きあるならスイングトレードも大きく稼げて良さそうだけど、ドル円あまり動かないから15分足、30分足でデイトレがちょうどいい気がする。
  • これまでの感覚的にスイングトレードなら値動きから考えると-60~-80pips、デイトレの場合は-10~-20pips程度が損切りラインか。
  • 今のところスキャルピングするなら1分・5分足、デイトレするなら5分・15分・30分足、スイングなら2時間〜週足あたりを参考にしている。

6月度FX反省会

2020 年 7 月 3 日12:28:15 by amano

■6月3週

良いチャートアプリがないか探し、いくつか見繕って試してみて、TradingViewが良い感じだなと使用開始。
SBI FXのアプリと比べて、1画面により長い期間のデータを表示できる(長期的な視野を持ちやすくなった)、縦軸のスケールを好きに決められる、チャートに書き込んだラインなどが時間足、日足とか切り替えても消えずに有効、とか、とても有用だった。

初心に立ち戻って移動平均線のクロスを意識して順張りでエントリーし、SBI FXからのボーナスをいきなり空にしないように基本200通貨単位でトレードの修行。また、TradingViewのおかげで視野を広く持てるようになったので長期的には上がる(下がる)だろうと予測がつくようになり一時的に含み損になったとしても慌てて損切りしてしまうこともなくなり待つことができ、少額とはいえ損失はほとんど出さずに、6月2週の損失は徐々に回復できていたので、基本は大事だなと思う次第。

長期的視野を持てるようになったおかげでエントリーするタイミングをだいぶ見計らうようになると、値動きがなさすぎていつエントリーすればいいだろうと待ってると急にレンジが変わったりして、なかなかトレードしにくかったと思う。

■6月4週

引き続き基本を大事にしてトレード。変な失敗はせずに順調に利益を重ねられていたので200~1000通貨単位まで引き上げ。

SBIFXボーナスを食ってしまった分の損失は6月中に回復できればいいやという目標はほぼ達成できたので、満足な週間。
この間、トレール注文ってうまく使えるだろうかと試しで100通貨単位だけ買い注文してみたら、翌朝確認すると損切りされてなくてあれ?と思ったが注文の有効期間が当日中だったので機能してなかっただけだった。期間損益を見るとスワップ損益が計上されていて、金利差を使って利益を得るような特別な取引してないと思うけどと調べると、ポジション持っていればスワップポイント付くって仕組みなのね。トレール注文が有効期間切れて決済されずにポジション持ち続けてたから付いたと。

■7月1週

仕事の昼休みに買い物出たときにチャート確認してみた際に誤タップしたのか、いつの間にかロングを持ってたので、最初は意図しない取引なのでさっさと手仕舞いにしようと思ったが、ぱっと見悪い位置じゃないし今値上がり傾向が来つつあると待ってみることにしたら、仕事終わりの頃にはすぐには回復しないだろうなぁと思えるレベルまで下がっていたので損切り。その後も基本をおろそかにしてしまった取引をしてしまい、先週に回復させた分が意味なくなって振り出しに戻る。

■7月2週

振り出しに戻ったあとまた損失回復し終わるところまで持っていったくらいから、スキャルピングトレードは意外と疲れるし仕事中ずっとチャート見続けられるわけでもないしスイングトレードの方がいいんじゃないか?スワップポイントも付くしと現在はドル円ロングを所持中。次の1ヶ月はスイングトレードメインで行ってみようと思う。

■今月のまとめ

  • TradingViewが超便利
  • スキャルピングトレードは自分で考えて決めたルールに従ってトレードする限りは大儲けにはならないがほぼ確実に利益にできる
    • 1分足と5分足の両方の動きを見て、短期の値上がり値下がりの方向性を予測する(十中八九は予測が当てられる)
    • 5MAか現在値と、13MAがクロスしそうなあたりでエントリーを検討し始め、25MAとクロスしそうなあたりでエントリー
    • プラスのうちにさっさと決済して利益確定。ポジションは長持ちしない。
  • スキャルピングトレードは疲れる
  • 含み損にいちいち気にしていられなくなった。
  • 2ヶ月ずっとチャート見てきてなんとなくドル円の気持ちが分かるようになってきた

 

5月度FX反省会

2020 年 6 月 13 日00:33:32 by amano

5/12くらいに口座開設のメールが来て、5/15にログインIDとパスワードの封書が届いて、実際に取引を始めて約1ヶ月経ったので、1回目の反省会。

■第0週

FXを始めようと思いFXデモアプリでしばらく練習し、結構、FXについて予備知識なしに昔の株取引のときの知識と経験でいけそうだと、実際に試してみたいが不慣れなうちに大金を扱うのも避けたいため少額から行えるところは……と選んだのがSBI FXトレードで、口座開設ボーナス500円もあるために500円までは損失出してもいいので実験もしやすいだろうと。さすがにボーナス500円だけでトレードはほぼ意味ないのではと5000円入金して500円は損失していいバッファ扱い。

チャートを見ていない時に嫌な変動があっても嫌なので基本はスキャルピングトレードで。

■5月3週

実戦は初めてなのでまずは恐る恐る100通貨単位で扱ってトレードそのものに慣れようと思う週間。

FXの予備知識は一切集めておらずに完全に株のときに覚えたチャートの読み方だけでトレードしていて、1分足だけでおおざっぱにトレンドラインを読み、ゴールデンクロス、デッドクロスをトリガーにして、(大きく稼ぎたいとは考えずに頻繁にトレードするのではなく)このタイミングなら確実に利益になると思ったポイントだけでトレードしていると、結構、株の知識でいけるもんだなと黒字。

ちなみに移動平均は7,14,25でやっていた。

■5月4週

100通貨単位から徐々に200、500と増やしていきつつ、ナンピン買いを使うようにしてみた週間。

トレードの方針はそのまま続け、そういえば株のときに複数回に分けて購入して平均価格を操作するテクがあったなと思い出し(このときはナンピンの名前は忘れてた)、ナンピンで平均価格を操作しながら順調に黒字の週間。

今(6月12日)にして思うと、この辺りは日足で見るとレンジ相場なので、ショートにしろロングにしろ待ってればいずれ値は戻ってくると思えば、損はしにくかったのかなと思う。

■6月1週

この辺から改めてFXについて勉強しようとネット記事を読み出した週間。

下手なナンピン素寒貧の格言を元にナンピン買いを止めてみて、5000円のおよそ最大建玉に近い1000通貨単位で扱っていたので、証拠金維持率の維持のため(強制ロスカット避けるため)には長期間ポジション保持する冒険はしにくいと感じてスキャルピングトレード中心。

指し値注文やIFD、OCO注文もどんなもんか体験するために少しだけ手を出してみるが、トレードにまだ慣れていないか有効に使えなかった。

この週もトレードスタイルは変えずにこの週も順調に黒字。

■6月2週

想定よりは大きく利益が出ていたので最初の500円ボーナスがあるわけだし堂々と損失出してもいいよねと、移動平均の設定変更、移動平均以外のテクニカル指標の実験、複数チャートの解析による相場予測、スキャルピングトレードだけでなく長期保有してみる(といってもデイトレードの範囲)、OCO注文の指し値指定の適切な値探りとか。

赤字覚悟の実験とはいいつつも、なんだかんだで6月の損益はプラスになんとかなる程度にはなっていたが、赤字でもいいよねという意識があったので、チャート分析は真面目にやっていなかったし、今日6/12もまだ下げ相場だよねとか、移動平均の動きだけ見てそろそろ上がる(下がる)ねとろくに根拠もなしに売り買い決定して反対方向に伸びて損失増やしたりしていたので、5月の利益も食い潰してしまい500円ボーナスも一部消費してしまうレベル。

今日のトレンド反転(底値のwの部分)もきちんと見ていれば気づけてたはず。

反省して、最初に戻り移動平均の設定を元に戻し、ゴールデンクロス、デッドクロスで取引開始し、損失幅を抑えて着実に利益を増やせるように取り扱い通貨単位を減らし、最初の頃のように堅実に利益は積めるようにした。まだまだ練習期間だし徐々に損失を取り戻せればよいと、ちょっとだけ。

■今月のまとめ

  • 今日は結構利益が出たからもうちょっとだけと手を出すと損益になる
  • チャートはきちんと分析する
  • 根拠のない思惑だけのトレードはしない
  • ポジション長期保持するときの損切り設定をどのくらいにするか未だ悩み中(40pipくらい?20pipで損切りすると大抵失敗する)
  • 強制ロスカットを考えると維持率もっと高くしないとポジション長期保有は勇気がいる
  • 最大建玉可能数量に近いところで売買すると、買う→売る(売る→買う)が必ず1セットになるのでナンピン買いも検討できないし動きにくい。
  • 確実に利益になりそうなポイントに絞って1pip稼いでおしまいにして小さく稼ぐよりは大きい期間でトレンドを決めて長期保有した方がいいのでは
  • スマホだけだとチャート分析しにくい
  • 使えば使うほどスマホアプリは使いにくい
    • チャート分割表示のときにも分析用にメモしたラインとか表示して欲しいし、拡大縮小や表示範囲移動もして欲しいし
    • 縦軸がオートスケールされると違う範囲を見比べるときに相場の変化が理解しにくい
    • 横の表示範囲が狭くて広く見たトレンドが分かりにくい

子連れ(1歳5ヶ月弱)海外旅行であると便利だったと思うもの

2019 年 9 月 26 日15:27:45 by amano

長らく会社の夏休みは6〜9月の間の好きな時に連続5日間だったのが、みんなバラバラに取るより一斉に取った方が時時である人がいないこの人がいないとならなくていいよねと盆に一斉取得になり、その翌年にはやっぱりサービスは24h365dだし一斉休暇は合わないよねと6〜9月に任意取得に戻ったので、しばらくそのままだろうと思って9月に旅行を決めていたら、今年はまたまた同じ理由で盆に一斉取得に切り替わったので、コロコロ変えんなと思いつつ、有給休暇で9月15日〜9月21日にフロリダ旅行に。

およそ片道17時間の飛行機なので、その間に如何にして1才5ヶ月児をおとなしくしてもらえるかがミッション。

実際に持っていったもの(機内持ち込み)

  • アンパンマンぬいぐるみ
  • 絵本数冊
  • シールブック(マグネットブック)
  • お絵かきボード(磁石式)
  • タブレット(日頃のお気に入りの音楽・動画鑑賞)
    • YouTube
    • Amazon Prime Video
    • Hulu(直前に加入して無料期間のみ)
    • 知育アプリ
    • 動画はあらかじめDLして全てオフライン利用

行きは日本時間で夕方出発だったので、これらのアイテムで楽しんでもらいながら就寝してもらえたので比較的楽だったような気がするが、膝の上での寝返り対応が大変だった。

帰りはフロリダ時間で午前出発で活動時間帯であったので、機内持ち込みアイテムだけでは足りずに機内をうろうろ散歩したりしていたが、やっぱりまだまだ赤ちゃんなのでいっぱい寝てくれたような気がする。行きに比べると昼間の移動だったのでおとなしくしてもらうのが難しくて大変だった。

帰りは空席がいくらかあってスタッフの好意で座席を一部入れ替えて子供用に一席用意してもらえたのでスペース的に助かった。ありがとうユナイテッド航空。

持っていけばよかったと思うもの

  • 日本食
    • 普段日本ではそこそこ何でも食べてくれるのが、アメリカの慣れない味のためか思ったより食が進まなかった
    • とはいえ、日本の米食に近い感じの米系の食事はよく食べてくれた
    • 同行した祖母が持ってきたカップ麺が役に立った
  • 麦茶
    • 普段は麦茶を飲んでるので、現地で買ったミネラルウォーターでも飲んではくれるがいまいちな感じ
    • ジュースはまぁまぁ飲んでた
  • 授乳ケープ
    • 飛行機内で母親に甘えてしまうときの目隠し用に。

2018年総まとめ

2018 年 12 月 31 日11:59:00 by amano

4月に娘が産まれて、ただいま月齢8ヶ月。

最初のうちは動き回ったりできるわけでもなく食う寝るだけで、親としても子と遊んで楽しいとかかわいいとかないのでNicoLive Helperや艦これタイマーXを作っている余裕もできるものの、娘がニコニコできるようになったり声が出せたりするようになると段々かわいくなってきて遊ぶの楽しいになり、さらにハイハイが達者になって部屋中を縦横無尽に動けるようになると、ノートパソコンをテーブルの上に広げてカタカタしてると膝の上に乗ってきて遊んで攻勢が強くやってくるので、よーしパパ娘ちゃんと遊んじゃうぞーとか始まると、ニコニコの仕様が変わったり、艦これの新機能が出てきたりしても、そもそもそれを知らなかったりするのため、ここ数ヶ月はまったく手を出していなかったりする。

夜は会社から帰ってメシ風呂朝ドラ視聴すると残りの時間も少なく、引っ越ししてから通勤時間も長くなっているので夜更かしはできず、もう寝る時間だなーと1日が終わるので、やっぱり開発の時間は用意しておらず。

なにはともあれ来年もよろしくお願いします。

余りパーツ大放出

2017 年 10 月 10 日22:00:13 by amano

いつものように余りパーツは、知人などに直接手渡し可能な範囲で放出しているので、今回はコレ。

  •  セット1(15000円)
    • Intel Core i7 3770K
    • PC3-12800 8GB x 2 (Crucial CT2KIT102464BA160B)
    • ASUS P8Z77-V PRO
  • セット2(3000円)
    • Intel Core i7 920(2.66GHz)
    • PC3-10600 2GB x 3 (Corsair TR3X6G1333C9)
    • ASUS P6T Deluxe
  • AMD RADEON HD 7870 GDDR5 2GB(1500円)

必要があればPCケース(15年選手)、電源(8年選手)、HDDも提供できるので、古いけど1台組めるレベル。

連絡は、メールやチャット、Twitterなどで。

PCを大幅アップグレード

2017 年 10 月 10 日21:09:41 by amano

今年は前回(2013年4月29日)PCを更新してから4年になるのでPCをアップグレードする年だと認識していて(1回会社員辞める前は毎年のようにパーツ単位で細かく更新していたのだが最近は期間開けてまとめて更新するようになった)、今年はHBM2載せたRADEONが出る予定でもあったので、いつ出るかいつ出るかと待ちながら、夏に発表されたときは「待ってました」と購入の準備はできた。
とはいえ、結婚してからはPCに付きっきりというわけにもいかなくなったので、使用頻度の低いPCを大枚はたいて更新する価値があるのだろうかという迷いがあったのでRADEON RX Vega発売に即飛び付くことなく。

昨今はショップブランドのBTOだったりHPやDELLの既製品がだいぶリーズナブルなので、もう自分で組み立てるのはやめてこっちにしようかなぁ…と悩んでいたが、メーカー品はmicroATXだと聞いて(ATXだと良かった)かっこいいケースが今後流用しにくいし、結局のところ自分の希望するスペックのものが存在しないので今まで通り自分で作ることに。

この投稿の続きを読む »

MacBookを購入

2017 年 7 月 2 日23:49:45 by amano

MacBook Air(2012 Mid)を使っていて、プログラミングしていると画面(1366×768)も狭いし5年も経つからそろそろ買い替え時と思いながらいつ新しいMacを買おうかと考えていて、先々週のときにはヨドバシアキバ店頭で店員さんに聞いたところでは、新しすぎてまだ店頭には在庫ない(Appleストアに行くしかない)とのことで保留し、先週末金曜日にヨドバシアプリで在庫確認すると新モデルのMacBookが店頭在庫ありそうなので、店頭在庫のあるところを選んで購入。在庫僅少表示だったのでどれくらいあるのか気になっていたがラス1だったそうで(話し声が聞こえた)、ひとまず在庫確保しておきますねと専用の端末を操作するとヨドバシアプリ上でも在庫なし表示に変わっていて、これが噂のオンラインショップと連携したシステムかとちょっと感動。

Macにはアプリ開発環境くらいしか入れてなかったので、最低限のデータだけ移動させて終わり。楽チン。

古いMacは売り払おうと近所のヤマダに持っていったらなんでも査定なしで100円買い取りだそうで、ネット査定で最大4万円もするから化粧箱や説明書がない分をさっ引いて家電量販店だとしても2万円くらい行けばまぁ十分と思って持ち込んだのにこの始末なので、また週末に秋葉原に売りに行こうと思う。

WebExtensionsで作成したウィンドウでスクロールできない

2017 年 6 月 5 日23:23:45 by amano

2017/6/6追記:Firefox nightly(55)では想定通りの挙動だったので、バグだった模様。

NicoLive HelperをWebExtensions化するのにあたって、TCP通信ができないのでそもそも移植できないのだが、UIは先に作れるのでちまちま作成している最中。

さて、普通のウェブサイト作る感覚で画面作成中に、それなりに作成が進んでから子が親ブロックサイズを越えた場合にスクロールバーが表示されず、スクロールも効かず、はて?と思いながらテストしていると height を直接指定(パーセント指定はNG)するとスクロール可になるのが分かって、リサイズイベントのたびに必要な部分の height を計算して指定をするようにしています。HTMLも入り組んでいるし何かがおかしい(指定が足りない)のかなぁとあまり気に留めず、次に設定画面を作る時にまだシンプルな段階でスクロールについてテストすると、やっぱりスクロールできない。自分の作りがおかしいんじゃなくてFirefox自身がおかしいんじゃないかと、気になるところを確認していくと、type指定で normal 以外のときはスクロールできないのが分かった。

let creating = browser.windows.create( {
    url: "options.html",
    type: "panel",   // ←ここの指定がnormalだとスクロールできるウィンドウができる
    width: 640,
    height: 480
} );

とはいえ、normal指定すると通常のブラウザと同様にツールバーなどが表示されてしまい、UI作る用ウィンドウじゃないでしょう状態のため、リサイズに合わせて height 指定するしかなさそう。

Firefoxの仕様なのかバグなのか、適当なキーワードでググってみたものの、パッと探しただけだとそれっぽいネタが見つからなかったので、どっちやら。